酵素ドリンクの値段について

さて、酵素ドリンクに興味を持った人はさっそく酵素ドリンクを購入しようかと検討し始めるでしょう。できれば、失敗のない酵素ドリンクを選びたいはずです。最近では、ドラッグストアやスーパー、大型ショッピングモールなどでもよく販売されているのを見かけます。ネットで探して購入する手間が省けて、すぐに試せるのが店頭販売のメリットです。酵素ドリンクの値段は、メーカーによって違いますが、だいたい4000円?購入することができます。一本あたり、およそ720mlで毎日食事の置き換えとして利用する場合、一本で一ヶ月分になります。約20mlほどを原液のまま飲んだり、薄めたりして飲みます。値段の違いは、原料に何を使っているか、どこでつくられたものを使用しているか、ということやどのようにして製造されているのか、また熟成期間によっても変わってきます。少し値が張るものだと10000円ほどの酵素ドリンクもあります。酵素ドリンクの価格について比較調査してみたところ、最安値はきらきら酵素です。1944円で購入でき、一杯あたり約64円という低価格で酵素ドリンクを飲むことができます。80種類の原料からつくられているこのきらきら酵素は低価格で手を伸ばしやすい価格ですが、人工甘味料や着色料などが使用されているというマイナス面があります。そして、酵素八十八選は定期購入で11314円で一杯あたり、およそ377円という価格でした。通常価格だと16200円するので、一杯あたり540円になります。価格は安いものではありませんが、麹菌や乳酸菌そして酵母菌を使用しており、添加物を一切含まず手間暇かけてつくられています。どちらも、一本に720ml入っているので、毎日一ヶ月飲む場合、24mlずつの計算になります。選ぶときは酵素ドリンクの値段ではなく、何が使われているか、どのようにつくられているかを確認してから購入するようにしましょう。

 

ミュゼ自由が丘で損せずに予約する方法【店舗情報も有り】

酵素ドリンクに入っているものとは

酵素ドリンクは原料を発酵させてつくられたエキスのことですが、どんなものが入っているか知っていますか?たとえば大高酵素には、50種類以上の原料が使われています。りんごポリフェノールや食物繊維を含むりんごやビタミンを多く含む人参やセロリ、鉄分を含んでいるほうれん草にかぼちゃといった野菜や果物から、昆布にワカメといった海藻類、笹やフキノトウといった野草などを使い、6ヶ月以上発酵させています。大高酵素ではそのときに白砂糖を使用しています。浸透圧現象を利用して素材のもつ栄養素や酵素を抽出させてつくるときに、白砂糖を使うことで素材のもつ栄養素や酵素を引き出すのに最適だからです。白砂糖を使っているものの、発酵過程において分解され、果糖やブドウ糖に変化し、わたしたちが口にするときは、果糖やブドウ糖として体内に入ることになります。またお嬢様酵素というパッケージに惹かれる酵素ドリンクには、自生しているヨモギやクコの葉や有機栽培でつくられた美肌野菜のトマトや血液をサラサラにする玉ねぎ、消化酵素として大活躍するパパイヤといった全部で86種類もの原料が使われています。それらの原料を陶製のかめで漬け熟成させてつくられます。酵素ドリンクに使われている素材は販売されている酵素ドリンク一本一本で違いますが、自然の力を取り入れた野草を使い、旬の野菜や果物、有機栽培された素材を使うなど、酵素の力を最大限に引き出そうとしています。購入前に一度、使われている成分表記を見るといいでしょう。